顎形成のシリコンプラテーゼの術後の症状

自身の顎の形や高さなどに悩む人は多く、そのため多くに人は顎形成を利用して理想の顎にする治療を受けています。治療の方法としてはヒアルロン酸注射のほかにシリコンプラテーゼを顎に入れる方法などが代表的です。ヒアルロン酸注射の場合は費用などもリーズナブルで術後の症状などは全くありませんが、継続期間としては1年程度となります。そのため数年ごとに注射が必要となります。それに比べてシリコンプラテーゼの場合は一度手術をすることで半永久的な継続力なので、費用などは割高となりますが長い目で見るとおすすめといえます。実際に手術した場合の術後の症状ですが、顔に強い張れの症状が出る場合があります。張れの症状については個人差はありますが、基本的に1週間ほどで張れは引くので安心して大丈夫です。手術自体も30分程度で行うことができ、術後も自然な仕上がりとなります。

顎形成をシリコンプラテーゼの術後内容

引っこんでしまっている顎が特徴の人の場合、顎形成を行うことで顎に高さをくわえることが可能となります。方法としてはヒアルロン酸注射などもありますが、継続力の長いタイプのシリコンプラテーゼは人気のある施術方法となります。実際に施術後ですが、顔の張れなどの症状はできますが1週間ほどでひきます。施術時間自体は30分ほどで行われ、入院をする必要はないので日帰りで利用することができます。また麻酔などは局部麻酔となるため意識がある状態での施術が多いです。女性などであれば施術後に気になるメイクやお風呂などがありますが、シャワーや洗髪などは当日から行っても問題はありません。メイクや洗顔などであっても施術直後から利用ができるのでとても便利です。ただしお風呂ですが血行が良くなってしまうことから、施術直後は湯船に入ることは控えてシャワーだけにしておくのが良いです。

顎形成の施術後の運動内容

人は様々な顔の形や顔のパーツのバランスなどが違うことから、様々な印象のある顔があります。その中で顎が引っこんでいる人などは、平らな顔の印象が強くなります。そのため顎形成を利用することで、顎を自身の理想とする高さをもたせることができます。施術方法にはヒアルロン酸注射のほかにシリコンプラテーゼを顎に入れる方法などがあります。その場合は局部麻酔を行い、30分程度の施術で行えます。術後に器なる点として運動がありますが、術後24時間は血行の流れを促進させてしまうと腫れといった症状が強く出てしまうので、安静にしておくことが重要となります。また術後3日間ほどは自宅から駅までの移動やコンビニを利用する程度の歩行は問題ありませんが、無理な運動は控えて安静にしているのが望ましいです。4日以降から6日まではほぼ問題はありませんが、激しい運動は控えたほうが良いです。7日以降になれば好きな運動をしても問題なく行うことが可能です。