レディエッセによる顎形成のメリット

レディエッセによる顎形成によるメリットとしては、メスを入れていくことなく顎の形成についてしていくことができる、といった点が挙げられるでしょう。例としてプロテーゼを挿入した上で顎の形成をしていくといった場合には、手術、したがって、顔にメスを入れていく必要があるでしょう。また、これに対してレディエッセによる場合には、注射によってレディエッセを注入していくだけで良いため、体に対する負担が少なく、傷跡については残さなくて済むようになっています。そして、手術によって顎の形成についてすれば、最低でも1週間程度によるダウンタイムがあり、これに対してレディエッセによる場合、稀に腫れについて発生することはあるものの、ダウンタイムに関してはほとんどないでしょう。そのために、翌日より仕事に出なければならないといった場合でも施術について受けることができるようになっています。

顎形成で行われる治療の種類

女性は自身を綺麗に見せるために様々なケアを行う人が多くいます。普段の生活であれば多くの女子は化粧をおこなうことで、より綺麗な姿になるよう努力します。そんななかやはり様々なコンプレックスを抱える人は多く、その内容の1つとして顎があります。人の顎には様々な特徴がありますが、その中で顎はひっこんでいるタイプの人も多くいます。その場合特に見た目が顔全体が平坦に見えてしまい、唇が突き出ているような印象を与えてしまいます。顎に関する悩みを解決するための方法として顎形成治療があります。引っこんでいる顎をだすことで、よりシャープな顔立ちにすることができます。治療する方法には2つの種類があり、1つはヒアルロン酸注射があります。施術時間なども短くリーズナブルに行えます。もうひとつはシリコンプラテーゼを顎に入れる方法となります。

顎形成方法であるヒアルロン酸注射の特徴

人の顔は千差万別であり、様々なタイプの顔があります。目や鼻など付いているパーツなどは全部同じなのですが、形やバランスなどによって印象は大きく変わります。また顔の形などにも違いがあり、その中でもコンプレックスとなる場合が多いのが顎にあります。顎が引っこんでいる人の場合は平坦な顔の印象となります。引っこんだ顎に高さを持たせる方法として、顎形成の1つとしてヒアルロン酸注射があります。メスを入れての手術に抵抗があるという人でも、注射で簡単に行えるので安心して利用できます。施術時間は大体10分程度と短いので、体への負担も殆どなく行えます。術後の張れなどは殆どなくヒアルロン酸の持続性としては1年間は十分効果が期待できます。顎の高さなどは注射の本数を変えることで自由に変えることも可能です。仕上がりも自然で施術費用などもリーズナブルに抑えることができます。